【私の健康食】無印良品の発酵ぬかどこを使ってみた

(スポンサーリンク)

みぃ

健康食品の一つとして、ぬか漬けに挑戦してみました!
これで、私の数ある不調が改善されるといいな

使用したのは、無印良品が出している「発酵ぬかどこ」
チャック付きの袋タイプだから扱いやすそうだと思って、この商品を選びました。

この記事はこんな人におススメ!
  • ぬか漬けを作りたいけど管理が苦手な人
  • 便秘を改善させたい
  • 他の健康食品で効果を感じ取れなかった人

(スポンサーリンク)

目次

無印良品の”発酵ぬかどこ”を選んだ理由

管理方法が楽チン♪

みぃ

ぬか床って毎日かき混ぜるイメージ…。
めんどくさくて続かなさそう💧

そんなズボラでも大丈夫です!

なぜなら、この発酵ぬかどこは1週間に1回のかき混ぜでOK!
手で混ぜると臭いがついてしまうので、私はゴムへらで混ぜています(笑)

毎日かき混ぜる必要はありません!

チャック付きの袋タイプだから

バケツや壺など道具をそろえようとすると処分する時が大変です。
だからあえて袋タイプを選び、異変を感じたらすぐ捨てられるようにと考えました。

また、袋タイプだとコンパクトです!

常温保存だとカビの繁殖が怖いので冷蔵保存にしているのですが、
冷蔵庫に入れる時にはすっきりと納まります。

安価で手に入りやすい

ここまでのメリットがあって、価格は890円(税込)です。
初心者でも挑戦しやすい価格帯だと思います!

また、売っている場所が全国に展開されている「無印良品」なので、店舗があればすぐ購入できます。
もし、在庫がなければ通販もご利用できます!

なぜぬか漬けを始めたのか?

便秘の解消

私の場合、お通じが3、4日くらい来ない時があります。
来たとしても出が悪かったりして、痔になる事も…。

ぬか漬けには腸内環境を良くする効果があるという情報をもとに
やってみようと思いました。

生活習慣の改善

原因は分かりませんが、20代に入った頃からあまり調子が良くありません。
私の頭の上に石が乗っているかのようなだるさが続いております。

便秘のついでに治ってくれたらなと軽い気持ちで様子見します。

腸内環境が整えば不調が改善するという話もあるみたいで…。

食品ロスの削減

なるべく食品を無駄にしないようにするという事です。

勿体ない話ですが、たまに食材をダメにする事があります。

腐る前に漬物として頂きたいと考えてます。

野菜を漬けてみました

きゅうり

まずはきゅうりを11時間つけてみました。
少し味が薄く、THEきゅうりっていう感じでした。

ぬかどこのパッケージ裏には、
目安として、12~18時間という事。


なす

これは見事に失敗しまして、変色して食べられる状態ではありませんでした。
美味しくなかったです。

なすを漬けるのって結構難しいらしいですね?
変色を防ぐのに塩を揉みこんだり、中まで味を浸透させるのに切込を入れたりする必要があるみたいです。

また、チャレンジしてみます!

だいこん

皮を剥き4分割に切って、丸1日漬けました。
ちょっと塩辛い感じがありましたがわりとおいしく出来ました!

大根は私のお気に入りでして、何回もリピートしています!
8mmくらいの厚さに切って朝に3,4切れほど食べています!

果たして効果は…?

試して3日程なので、まだ様子見っていう所もありますが、
便通はわりといい感じです!
たまたまかもしれませんが食べて3時間後にお通じがきました。

私の場合、3、4日程、全く便意を感じない時があるのですが、
今のところ毎日、もしくは2日経った頃に来るようになりました。
もしかしたら、これは効果アリ?

ちなみにヨーグルトも食べていますが、こちらは一旦止めてみようと思います。


ここからが追記

あれから2か月ほど試しました。

今のところは毎日、もしくは1日おきに便意がきています。

みぃ
みぃ

食べ忘れることもありますが、

調子がいいので毎日食べるようにしています!

あと、便の出も良くなったので痔に悩まされる事も格段に減りました!

ヨーグルト1か月ほど試して効果出なかったのですが、
私にはぬか漬けが合っているようでした。

まとめ

日本人は昔からぬか漬けなどの植物性の発酵食品を食べてきた歴史があるので、
動物性の発酵食品よりも相性が良いみたいです。

ぬか漬けの前に食べていたヨーグルトは動物性ですので、
日本人である私の体には合っていなかったのかもしれませんね。

とりあえずは続けていく事が大事なのでこの調子で、
あらゆる不調が改善されるといいですね!

みぃ

最近は漬けるのが面倒になってきて放置してしまってます。
でも、効果は結構大きいと思います!

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる